薬剤師の掛け持ちとは

薬剤師として2つ以上の職場で働くことを掛け持ちという事がありますね!例えば、ドラッグストアや調剤薬局などの店舗を掛け持ちして働くことなどが可能なら働きたいと思われている方も居るのではないでしょうか?

 

また、掛け持ちとは少し異なりますが、副業やダブルワークで本業とは別に副業として掛け持ちしている方、希望される方も多いのではないでしょうか?
薬剤師の掛け持ちは、薬剤師不足の地域や職種では掛け持ちでも人材確保を希望する店舗などもあります。実際、薬剤師派遣などの求人紹介では掛け持ちでの働き方をしている方も多いと言えます。

 

では、薬剤師として掛け持ちで働くことのメリットはあるのでしょうか?同じ職場で働く方が気兼ねなく働きやすいと思う方と同じ職場では刺激がない事やもっと薬剤師としてのスキルや知識を増やしたい方など考え方はそれぞれだと思います。

 

掛け持ちで薬剤師として働くことを希望される方は少ないと思いますが、希望者がいる以上、掛け持ちで働ける薬剤師として紹介したいと思います。
掛け持ちや2つ以上の職場で薬剤師と働くのであれば、正社員として正規で働くことが出来ない方、正社員として働いていない方のなると思います。
正社員で働いている薬剤師さんでも副業として働いている方も居ますが、ほとんどの場合、薬剤師の職場では副業、ダブルワークが禁止されています。
副業で掛け持ちは薬剤師としてはほとんど出来ないと言えます。

 

では、掛け持ちで薬剤師として働くにはどのような働き方があるのでしょうか?
薬剤師として非常勤やアルバイトなどの働き方で違う職場を2つ掛け持ちする方法と薬剤師派遣紹介を利用して仕事の紹介をして頂く方法が掛け持ちとして働きやすいと思います。

 

特に薬剤師派遣紹介なら掛け持ちを意識することなく、掛け持ちの様な働き方の提案などもあります。また、掛け持ちで働ける職場と言うのは時給や報酬も高いケースが多いので、掛け持ちで働くメリットもあると思います。

 

薬剤師として掛け持ちで働くことは難しいと言えますが、掛け持ちで働くメリットもありますし、掛け持ちの働き方があっている方も居ると思います。
同じ職場では、人間関係がぎくしゃくすると仕事に行くのも嫌になることもありますね!

 

掛け持ちで働くことでこのような煩わしさは、軽減できます。人付き合いの苦手な方の働き方としても掛け持ちの薬剤師の働き方はいいかもしれません。

 

掛け持ちの薬剤師の仕事紹介は派遣紹介が探しやすいと思います。派遣以外でも薬剤師バイトなどでも掛け持ちは出来ると思いますが、簡単に仕事を探すことは難しく、求人探しに時間を取られかねないので派遣紹介がおすすめです。

 

掛け持ちの薬剤師求人紹介におすすめの薬剤師求人サイト


薬剤師バイトを2つ以上の職場で働く

薬剤師バイトやパートタイムで、2つ以上の職場で働くことを掛け持ちと呼ぶことがあります。

 

正社員で薬剤師として働いている場合、副業は禁止されている職場が多く掛け持ち、副業として他の職場で働くことは難しいと言えますが、非常勤、アルバイトやパートなどの場合は、掛け持ちや副業の規制も緩和されていることも多いので、掛け持ちとして2つ以上の職場で働くことも可能だと言えます。

 

薬剤師として掛け持ちで働くメリットとしては、違う職場で働くことでのスキルアップに繋がることが挙げられます。

 

また、掛け持ちすることで、1つだけの職場ではなくほかの職場を経験することで、将来的に常勤で働く際に役立つこともあります。

 

ただ、2つ以上の職場で働くことは、意外に大変なこともあるので、掛け持ちで働くことは容易ではないと言えます。

 

薬剤師の掛け持ちや副業は、思っているよりも仕事探しも始めることも大変ですので、掛け持ちをお考えの薬剤師さんは、しっかりとして情報を入手してからはじめましょう!

 

上記の薬剤師の掛け持ちにおすすめの薬剤師求人サイトなら情報の入手も簡単です。

薬剤師バイトの掛け持ちのメリットとデメリット

薬剤師バイトとして掛け持ちとして働いた際のメリットとデメリットを紹介しています。

 

薬剤師バイトの掛け持ちは、薬剤師バイトとして2つ以上の職場で働くことです。

 

他にも副業として本業とは別に薬剤師バイトとして働くことも掛け持ちと言えるかもしれません。

 

このような薬剤師バイトの掛け持ちとして働いた際のメリットとしては、

 

2つ以上の職場で働くことでのスキルや経験値のアップ、副業、掛け持ちをすることでの収入のアップ←これが一番の目的でありメリットですね!

 

薬剤師の掛け持ちは、高収入を得るためにはメリットも大きいと言えますが、デメリットもあります。

 

まず、2つ以上の職場で働く薬剤師バイトの掛け持ちは、時間的な制約で自分の時間を持ちにくい、時間調整が難しいことや報酬を上げるために掛け持ちを選ぶ方が多いのですが、条件のあまりよくない職場も多いですね!

 

また、休日などに働くことが多くなることでの精神的、肉体的にも辛くなることもあります。

 

薬剤師バイトの掛け持ちを割り切って働ける方は良いのですが、薬剤師の掛け持ちは想像以上に大変だと言えます。

関連リンク